ただ生きてるだけ

ツイッターもどき

高校生の頃、とにかく 村上春樹に夢中だったけれど、

平和について 平和ボケしたことを うだうだ語ってたりして、

だんだん ゲンナリし始め、作品にも魅力を感じなくなり・・

私の中で、どちらかというと あまりいい印象ではない作家

の1人になってしまったけれど、

ただ、今になって ふと また読み返したくて仕方ない。

理由はわからないけれど。

村上春樹の作品で 心に響いたのは

f:id:dailyhassles:20160612005325j:plain

高校時代に読んだ「風の歌を聴け」と「中国行きのスロウボート」だけ。

世間的には「ノルウェイの森」なんだろけど、

私には ぜんぜん興味が持てず、ちっとも捗らなかった。

きっとおもしろいんだろけど、ただの恋愛小説だし、

村上春樹っぽくないからかな~。

それはそうと、村上春樹の 近年の作品に

なんともいえない違和感を感じるのは、

きっとさ、もう〝青年の僕〟ではない年齢に達して、

本人は それに気付かず まだ その若いノリで

書き続けてるからなんだと思う。

一発屋・・とはいわないけれど、

それに近いなにかを感じる。

あ!「納屋を焼く」おもしろいらしいね!

なぜか これだけ読んでないんだけど、

親の書庫にあるから 近々読んでみようと思う。

ステキな作品でありますように!