読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ生きてるだけ

ツイッターもどき

でも、本当は そこだけじゃないんだよね。

あいつ(上司A) 説教するたびに 言ってくることがあった。

俺は ●●さん(←私の苗字)が お給料 幾らもらってるかは知らん。

けど、貰ってるからには やっぱり結果を出さないと~うんたらかんたら・・

あいつ、知ってるはずなんだよね。

立場的に 知らないはずがない。

わたしの給与額。

入社時のチームは 今のチームより 給料が高い。

かつ、わたしは 前のチームで 同僚たちより多くの

業務を担当してたのもあって 3回昇給してる。

(仕事ができるとかじゃなく、ただ単に スキル数と 仕事量で昇給したんだと思う。)

以前のチームの頃から ●●さんが最高額やで!と

マネージャーからも プレッシャーを与えられ続けてきた。

そこまで恩ぎせがましくいわれる

ほどの額じゃないんだけど??? 怒

まぁ 会社が ド貧乏なので、仕方ないんだけどさ。 ←

なんせ、入社時に採用されるチームで

ベース額が違うのは周知の事実。 一応 社内のタブー

つまり、今のチームのメンバーより 私のコストは高い。

それは 私も知ってる。

(ただし、隣の席の先輩だけは もともと 私と同じ以前のチーム出身だし

+リーダー手当てとか貰ってるはずなので 私より高給なはず。)

なんせね、あきらかに そこを突いて 私に負担を与えまくってた 上司A。

2言目には、やたら 私の給料の話ばっかしてきた。

「俺は幾らもらってるか知らんけど~」を 枕詞に。

給料泥棒と 遠まわしに言いたかったのでしょう。

もうね、なんとでもいってください。