ただ生きてるだけ

ツイッターもどき

宇多田ヒカルへの私の中の疑惑。

宇多田ヒカルは 過大評価をうけている。

・・と、わたしは 思っている。

・・というか、我が家では そういうことになっている。

近年の曲 どれもこれも しょーもないこと。

や、デビュー当時は わたしだって 好きで聴いてたよ?

確かにヒットメーカーだった。

でも、最初に結婚したあたりから、急に曲調が変化した気が。

以前のは 大半 ゴーストライターに書かせてたんだろな、と。

なんかね、昔の宇多田ヒカルの曲って、

ちょい男性っぽいリズムを感じるんだよね。

それも アジアンではない… アフリカ系というか…

いくら インター出身とはいえ、あの曲調は

アジアンな女性に作れるのかなぁ? と。

怪しい…

(近年の陳腐な作品の数々は 間違いなく本人のセンスを感じるの!)

ちなみに、ごっつ音痴だよね。

ヒィ〜ン ヒィ〜ン… 言ってて 馬の嘆きかと。

とにかく 胡散臭い。